FC2ブログ

冷たいベール  キャサリン・ラニガン

冷たいベール[著]キャサリン・ラニガン [翻訳]古沢絵里感想 ☆☆☆☆この話の良いさはなんと言ってもヒロインですね。苦労人だけど自立心が高く恋してもその男性に依存したりしないし、経済的な辛い立場に立たされているヒーローにも献身的。心を閉ざしたヒーローがいつか全て打ち明けてくれるのを根気よく待つ優しさと強さもとてもよかった。最後にこれで許してもらえるよね♪っていうヒーローに毅然とした態度だったのもカッコよくて...

post image

その瞳が忘れられない  キャスリーン・コーベル

感想 ☆☆☆+0.5人気映画スターである事にちょっと疲れたヒーローが牧場を買い夢だったカウボーイ生活をお忍びで楽しんじゃおうと思ったら牧場管理人のヒロインに惚れてしまうというお話でした。気取りがなくて包容力のあるヒーローと誤解と無理解から孤立気味で苦労人なヒロインにぞっこんなところがよかったですね。ただヒロインの親とか親戚が感じ悪すぎ。自分たちの思い通りの生き方をヒロインがしなかったから非難&無視&恐喝...

post image

荒馬乗りとレディ  ジェシカ・ハート

感想 ☆☆☆お久しぶりのジェシカ・ハート。オーストラリアの奥地に住むカウボーイヒーロー×イギリスからやってきた都会派ヒロイン。というこの作者お得意の定番作品です。『赤い砂の誘惑』『星空に降る愛』『花嫁失格?』よりこちらの方が古いのですが先に上記三作品が既読なのでもう既視感が凄い。もうなんでこんなに似たり寄ったりの作品を書いて編集者が何も言わなかったのかちょっと謎なほど。ジェシカ・ハートのヒーローは自分...

悪魔公爵の愛撫 アリス・ゲインズ

悪魔公爵の愛撫[著]アリス・ゲインズ [翻訳]小長光弘美☆☆☆☆☆ (ちょっとおまけ)もちろん好みのによるがハーレクイン・デジタルに当たりは少ないというのが実感。その中でこの作品はかなり高得点だと思う。愛撫=花嫁試験だった訳だけどその理由も納得がいくしハーレクインの掟ともいうべきハッピーエンドをきっちりはっきり守っているので読後感が良い。(他の作品は取りように寄ってはハッピーエンド?くらいの感じ)超短編で王道を...

胸騒ぎのオフィス(ときめきは突然に)  スーザン・メイヤー

ときめきは突然に[著]ステラ・バグウェル : スーザン・メイアー [翻訳]庭植奈穂子感想 ☆☆☆失礼な話なんですが『ときめきは突然に』に掲載されている「花嫁の冒険」が読みたかっただけだったものだからじつはこちらは長く読まずに放置してました。しかし積読本消化のモチベーションが上がったので読みましたよ。そしたら意外とヒロインが良くて読んでよかったかなと。貧乏だけど卑屈じゃないし努力もちゃんとするしいざとなったら...

花嫁の冒険(ときめきは突然に)  ステラ・バグウェル 

ときめきは突然に[著]ステラ・バグウェル : スーザン・メイアー [翻訳]庭植奈穂子感想  ☆☆☆☆契約結婚から本物の結婚へという定番のお話なんですがヒロイン&ヒーローの好感度が凄く高くてとても気持ち良く読めるお話でした。ヒロインは資産に頼りすぎることなのない働き者だしヒーローも今は貧乏だけど努力を惜しまないというやや出来過ぎカップルですがそれがいい!なんか清々しくてすっきりしました。特に二人でヒーローの牧場...

ボスに一目惚れ 夢見る三姉妹 III  ジュディ・クリスンベリ

ボスに一目惚れ 夢見る三姉妹 III[著]ジュディ・クリスンベリ [翻訳]緒川さら感想 ☆☆☆+0.5自立心のやたらめったら強いヒロインVS女性に対する庇護欲ビシビシのヒーロー。二人の攻防戦が面白かった!ヒロインの強い女性を装っているけど裏でこっそり「たくましい」という評価に涙したりヒーローのためにおしゃれしたり男性に守られる喜びをそっとかみしめたりとてもいじましくて可愛いんです。なのでちょっと頑固で卑屈なところ...

雨のなかの出会い  ジェシカ・スティール

雨のなかの出会い[著]ジェシカ・スティール [翻訳]夏木さやか☆☆☆+0.5感想ジェシカ・スティール二冊目。性的虐待をギリギリなんとか逃れた系のヒロインなので自分の中の不安に振り回されてちょっと痛々しい人でした。なのに男性が長時間いる事がはっきりしている場所で住込みの仕事をしたりヒーロー以外の知りあいの車に気軽に何度も乗ったり更には自分に暴行しようとした男の近所に住んだりなんか私にはダブルスタンダードなヒロ...

若い隣人  ソマー・マーズデン

若い隣人[著]ソマー・マーズデン [翻訳]西間玲大人の事情で無料購読。☆☆☆+0.5正直ハーレクインデジタルで面白い作品を探すのは難しいなーと個人的には思ってます。その中でちょっとした一ひねりが入っているこの作品はわりと面白かったと思う。それはヒロインと若い隣人の絶妙な距離間にあると思う。ちょっとした背徳感。それが惰性で過ごしていた日々にピリッと熱いスパイスとなってくれた。そういう展開が上手く書かれていてと...

熱すぎた満員電車  アシュリー・ハインド

熱すぎた満員電車[著]アシュリー・ハインド [翻訳]西間玲大人の事情で無料購読しました。☆☆ヒロインが仕事帰りの満員電車で露出狂的変態カップルに挟まれちゃったというお話です。そしてお互いに利用しあった。そんな感じのお話でした。車通勤が普通のど田舎者の私にはなんかいまいちお楽しみポイントが見つけられず迷惑な人たちだなーという感想しか湧いてこなかったのでこの☆の数になりました。ごめんなさ~い。抱き枕 キャラク...

ふじ・つぼ
Page top