FC2ブログ
post image

めぐりあう日まで  バーバラ・リー

感想めぐりあう日までが長っ。長すぎる。愛の物語というよりヒロインの苦難を見守る話。読む側の忍耐も試され気味。ひたすらヒロインの受難の日々が延々続くのでヒーローもそれなりにがんばっているものの影がかぎりなく薄い。しかも王さま邪魔されているとはいえ微妙に使えない印象。ヒロインの母が毒親でその愛人がクズっという救いようのない展開にストレスがかなり溜まった。娘を失った罪ほろぼしにとヒロインにできうるかぎり...

post image

牧場の伯爵夫人  ジャネット・デイリー

感想 ☆☆☆昭和58年10月20日翻訳・発行の古い本。ブックオフで偶然見かけた読んでみました。昭和!とかすごいもう令和なのねー。複雑な出生のせいで心を閉ざし女性であることを隠すようにギスギスした生きたかしかできなくっていたヒロインをヒーローが変えられるかっていう話。ヒロインのギスギス加減が凄すぎた。男ものの服を来て父親のような年の従業員たちに当たり散らし威張り散らし世間の人にはビタッと心を閉ざしともうヤマア...

post image

放蕩者最後の恋  コニーメイスン

感想放蕩者トリロジーの第三弾で最終話。1.2は未読でこちらから読んでしまいました。想像より面白くって1.2にも興味が湧いてきました。コニー・メイスンのヒーローって考えてるのは下半身みたいな人ばっかりですがこのヒーローも凄かった!放蕩の限りを尽くしてその果てに罪悪感から田舎でひっそり禁欲生活しよーと隠遁生活始めるんですが禁欲?なにそれみたいに下半身大暴走で見事に脱線していく姿が面白いのなんのって。役人に終わ...

post image

ベイビー狂騒曲  デビー・マッコーマー

感想 ☆☆☆ヒロインがややめんどくさい。妊娠出産と不安定になりやすい時だったとしてもヒステリックになったり察してちゃんになったりじんわり残酷な言動があったりで地味にめんどくさい。愛に飢えてるけど自覚がなくて勘違いしているヒーローをなかなか理解してあげないからお互い勘違いしまくりでちょっと疲れました。話し合い方もなんか間違ってない?って感じで可愛さ余って疲労がたまる感じの話だったなー。私は上手く出来ない...

post image

牧場は緑  エリザベス・グレアム

感想 ☆☆☆1984年翻訳のかなり古い作品。偶然古本屋さんで見つけた本。かなり古いハーレクインが大量に並んでいたのでどなたか秘蔵の本が大量放出されたんでしょうねー。紹介文を読む限り牧場ものでお嬢様ヒロインが家政婦として失敗したり奮闘したりしそうな話なんで好みかもと思って読んだら少し違った見たい。ヒーローが地味に意地悪だしヒロインは少お口が過ぎるタイプなので二人の言い合いが続き苦手なタイプの話でした。ツン...

post image

異世紀からの恋人  ジョーン・ホール

感想ヒロインがタイムトラベルする話は苦手なのにヒーローが現代にタイムスリップする話は割と好きな私。最近はこういう話って書きつくされたのか設定自体が古臭いからなのかハーレクインではみかけない気がします。この話も1990年翻訳の古い作品。サラッと楽しむにはけっこう面白いお話でした。ヒーローが100年以上前から現代にやってきてしまうのにすぐに現代社会にわりとすぐに馴染み雪だるまをつくって外科医ヒロインの帰宅を...

post image

伯爵は棘のある薔薇 エヴァ・デヴォン

感想 ☆☆☆+0.5ヒロインを探るために近づいたヒーローと弟のために避けていた問題に巻き込まれていってしまうヒロインのハラハラなロマンス。1670年の王政が安定しているとまでは言い難いちょっと物騒な時代の話。ヒーローがヒロインに女役を学ぶって設定で始まる話なんですがもうそんなのほぼとっがに吹っ飛んでいきます。ヒロインとヒロイン弟が反乱分子の可能性があるから調べろと王に命令されたヒーローなんですがもう初めから...

post image

恋はテキサスルールで 華麗なる紳士たちⅠ  ディクシー・ブラウニング

恋はテキサス・ルールで 華麗なる紳士たち I[著]ディクシー・ブラウニング [翻訳]山野紗織感想 ☆☆☆☆私はこの作者のまったり素朴でだらっとした(褒めているのよ)感じが大好きなので☆4つですがもっと客観的に見ると☆2良くて3くらいがいいところだろーなーと思う。シリーズものにつきものの伏線が多くてそれが余計にテンポを悪くしているきもしましたがまぁしかたないよねー。大富豪なのに富豪感のやや薄いヒーローがしっかりして...

ふじ・つぼ
Page top