伯爵家の事情



感想 ☆☆☆☆
密接なつながりはないけど以前読んだ「悪魔と乙女」とかと微妙に繋がったスピンオフの
一冊だったんですねーこの作品。
○ックオ○で100円ならいいかなーくらいのノリで買ったこの本想像よりずっと面白くて読んでよかった。

意固地同士の恋の駆け引きというより意地の張り合いが読みどころでどちらも思い切った
行動をするのでハラハラさ加減が楽しめた。
ヒロインはヒーローを誤射しちゃうし、誘拐しちゃうし、家出しちゃうしまあ大変。
それをたいして怒りも逃げ足しもせず振り回されれつつも結局ヒロインを助けて結婚までしちゃう
頑固なんだか親切なんだかわかんないヒーローがよかった。
世話好き巻き込まれ型ヒーローってホント好き。

ヒロインを守る使用人のお爺さんもいい人なんだよねー。
ヒーローの従者もいい仕事するんでよー。
なんか救われた。

ヒロインのクズ叔父をもっとガツンとやっちゃって欲しかったなーとか
ヒロインはもっとヒーローに感謝していちゃついてほしかったなーとかちょっと物足りない感もありますが
充分楽しめました。

ellieelien-1611326-unsplash.jpg

あらすじ
ケイトは伯爵令嬢なのに両親を失い後見人のはずの叔父にも面倒を見てもらえず父の残した屋敷で
困窮しながらも日々奮闘していた。
妹ルーシーがロス侯爵に妊娠させられた聞き彼に責任を取れとせまるつもりが謝って彼を撃ってしまう結果に。
動転したケイトはロス侯爵グレイを自宅に連れ帰り看病する。
その間にケイトは彼に惹かれてしまう。
回復したグレイはケイトが置かれた惨状に気が付き救いたいと感じ更に自分の名を騙った男を捕まえることに。
妻を持ちたいと感じ始めていたグレイはケイトに魅了されケイトとの結婚を決意。
しかしケイトはグレイが憐れみや醜聞を防ぐためにだけ結婚するのだと反発した。
やや強引に結婚に持ちこんだグレイにケイトは屈し結婚したが彼に愛される日が来ることを祈った。

ケイトのことばかり考えてしまうことにグレイは困惑。
今まで努力して確立してきた理路整然とした生活を続けることに執心したグレイはケイトに冷淡な態度を
とるようになっていく。
失望と怒りを感じたケイトはグレイの屋敷を家出し実家に一人戻って意地を見せた。
心配するグレイだったが素直に向かえには行けなかったがケイトの叔父がの件がひっかかり行動する。
ケイトは突然現れた叔父とその代理人らしい人物に追いつめられていた。


<関連作>
・悪魔と乙女
・シャーロットの冒険
・伯爵家の事情
・最後の子爵