FC2ブログ

時の旅人 リン・エリクソン



感想
個人的にタイムトラベルものってなかなか当たりがないって感じていたけどここにきて
やっと当たりだったかなと。
まずはヒロインが過去へ次にヒーローが現在にというどちらか一方ダブルで楽しめる設定
だったこととヒーローが現代で苦悩から解放されたうえに現代の暮らしに馴染み過ぎてて
ツボったのが高評価のポイントです。

現代に戻ってからのヒロインの腰のひけぶりに若干イラッとさせられたものの器の大きい
ヒーローに救われてするする読めました。
ちょっとした歴史の勉強ににもなるし現代とヒーローの絡め方が都合良すぎに感じる方も
いるかもしれませんが私はハーレならこれくらいが丁度いいと感じたのでおススメの一作です。

ときのたびびと

あらすじ
史学科の大学院生テスは古文書から海に沈む財宝を詰っているスペイン船の場所のヒントを見つける。
それをトレジャーハンターの兄ポールとその師マックに伝える。
喜んだ二人はテスをトレジャーハンターに連れて行ってくれたが潜水中「エメラルドの首輪」を手にした瞬間
海流に飲まれ引き揚げられるがそこは1622年の奴隷船の上だった。

船は海賊に襲われテスは賞金首で海賊リチャードに攫われてしまう。
奴隷制度を嫌うリチャードに解放されるが現代に戻りたいテスは少年のふりをしてリチャードの召使になる。
貴族の私生児であるリチャードは残酷な異母兄トマスが立場の弱い母親を迫害していないか苦悩していた。
リチャードは危険を犯して母親の安否を確認しに行くが命を怪我を負ってしまう。
テスは次第に強くリチャードに惹かれている自分に気が付くがリチャードはテスを少年だと思っていたので
テスに惹かれる自分に苦悩していた。

リチャードは母親がトマスの迫害によって大切なエメラレルドの首輪も奪われ命を失った事を知り激怒。
自分をわざとトマスに狙わせ返り討ちにする計画を立てる。
怒りと悲しみ、苦悩に苦しむリチャードにテスは女だと告白し二人は恋人になる。
トマスに対して仇討ちを果たしたリチャードだったが嵐の日スペイン船と戦い捕らえられ縛り首に
なりそうになるがすでにタイムトラベラーであることを伝えていたテスはリチャードともにあの
「エメラレルドの首輪」を掴み二人で現代目指して海へ飛び込む。

現代に戻ったテスとリチャード。
リチャードは自分を迫害しない現代の世界にきたことを喜びトレジャーハンターに協力
自分が散々沈めた財宝船の発見を仕事にする。
テスは仕事と研究のためリチャードと離れ自分はもう彼に必要とされていないと一人悩む。
しかしリチャードはずっとテスだけを欲していた。



ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年01月11日
最終更新 2018年01月21日