FC2ブログ

ロマンス作家の恋のお悩み  ナタリー・チャールズ


 
感想 ☆☆☆☆☆
ラブコメ風ロマンスなんだけど等身大的なヒロインの仕事やロマンスがリアリティあり
笑いあり考えさせられる問題ありでぐいぐい引き込まれました。
いやー、面白かったです。
婚約者にゲイだと突然告白されて結婚式二日前に捨てられた絵本作家兼幼稚園教諭のヒロイン
追いつめられてエロい小説書くことになったりイケメン教頭先生と恋に落ちるというロマンス小説
にならありそうなお話。
なのに際立って面白いなぁと思えたのは登場人物が多いだけじゃなくてそれぞれの個性がとても
ユニークでそれがすごく引き立つストーリーになっている事。
もうとにかくみんな個性的ヘタするとヒロイン・ヒーローなんて普通でほっとすると思えるほど笑。

だけどちゃんといつでも悲観的な結果を予想し婚約者に捨てられた自分を愛せなかったヒロインが
周りからの影響だけじゃなく自分で気が付いて変わっていく姿がすごくよく書けていて
コンテンポラリー・ロマンスで久々の☆五つです。
読んでよかったと思える一冊。

ヒーローも超イケメンのいい人なんですが強烈すぎない普通なところがストーリーに馴染んでいて
すごく良かった。
これからもヒロインとヒーローは等身大の負足りの幸せをつかむんだろうなぁと思える読後感が
よいのです。
そうだよ、ヒーローが必ずしも富豪である必要なんてないんだよー。

アメリカの小学校って銃乱射などの危険な侵入者に対する避難(隠れる?)訓練があるんだね…。
怖っ。

ろまんすさっかの

あらすじ
小学校併設の幼稚園で働きながら絵本を書くレッティは結婚式の二日前婚約者に捨てられた。
更には出版社が買収され契約履行のためにエロティカを書かなければならない。
悲劇はそれだではなかった双子の姪と甥に男根型キャンディーを渡したイケメンがレッティの
学校の教頭代理として赴任してきた。
暴君的な校長の手前教頭であるエリックとは恋に落ちるわけにはいかないと自分に言い聞かせる
レッテイだったがエリックも好意を示してきて二人は秘密の恋に落ちるるが…。

レッティは元婚約者から男性との結婚が決まったと知らされ再び傷がうずいた。
しかも姉夫婦の関係がうまくいっていないために姉がとっている行動に驚愕させられる。
更には暴君校長の締め付けが強くなりエリックの関係を取り沙汰されエリックに目の前で
強く二人の関係を否定され更にはレッティのキャリアを潰すための書類をエリックに
書くよう校長は強要した。
キャリアと恋を失い傷つくレッティ。
一度は和解したのにエロティカの原稿を間違ってエリックに送信してしまったことが原因で
エリックは二人の間のプライベートを小説にしたと誤解、レッティはあくまで創作だと
説明するが聞き入れてもらえず二人の仲は決裂してしまう。

それでもお互いが恋しい二人。
エリックは生徒たちの成績が偽装されそれに校長が関わっているらしいこに気が付き
レッテイのことも救おう秘密裏に行動を起こす。


↑話題の絵本
ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年01月23日
最終更新 2018年01月23日