FC2ブログ

海から来た伯爵  カレン・ホーキンス



読書欲復活!

感想 ☆☆+0.5
想像とは色々違って悪くはないけど特別よくもなかったなー。
ヒロインとヒーロー共々ひたすらお互いにの事をいい男だなー、いい女だなーと独白し合っているだけで
深い絆とか運命的なものとかをあまり感じられなくて私には物足りなかったなぁ。
独白してるか肉体的にめっちゃ接触しているかのどちらかでなんだかなーって感じ。

物足りなさはヒロインとヒーローの個性という面でも感じました。
良い意味で癖の強い脇役たちにおいしいところ全部もっていかれてる感じなんですよね。
あと細かい設定やラストの決着の付け方がなー、なんか半端で残念なんです。
歴史に全然詳しくない私ですらし有名な史実曲げすぎ…ってなる設定も好き嫌い別れそう。
それにヒロインの汚名をちっともすすがないラストには特にがっかりした。
問題山積みなのにお互いの愛があればall okみたいラストってどうも雑に感じて好きになれない。

ヒーロー弟が主役の続編「黒衣をまとった子爵」があるのでそちらも読めばもしかするとモヤモヤもが
解消するのかもしれませんが私はもっとモヤモヤがたまりそうな予感がするので続編は
読まない気がしますね~。

うみからきたはくしゃく

あらすじ
伯爵を父にもちながら不遇な人生を送ってきたトリスタンは足の負傷により船長(元海賊)の仕事から
身を引いたが仕事にあぶれ心身ともに傷ついた船員たちの面倒も見ているため資金が限界に。
そこに伯爵が亡くなり跡取りに指名されたと執事が訪ねて来た。
船員たちのために資産を受け取りたいトリスタンは渋々伯爵になるための審査を受ける事に。
そこで近所に越してきて庭に入りこむ羊について苦情を言いに来る若き未亡人ブルーデンスに
個人教授を頼むが二人はお互いに強い欲望を感じ適切な距離が保てなくなり苦しむことに。

トリスタンは子供時代に行き別れた弟クリスチャンとの再会を夢見るが執事が捜しだすこと成功する。
しかしクリスチャンは時間が欲しいとすぐには再会できなかった。
トリスタンは爵位を獲得すべく紳士らしく振舞ように努力するがブルーデンスへの独占欲が高じて
出過ぎた真似をしてしまう。
プルーデンスは失望と求められる高揚感を同時に味わうが伯爵らしく振舞えるようになったトリスタン
とは身分差や過去のスキャンダルで全てを失った過去から身を引く時が来たと感じる。
トリスタンはプルーデンスが離れていこうとすることに耐えられずぶっきらぼうに結婚を申し出て
断られてしまう。
クリスチャンと再会したトリスタンはプルーデンスへの愛に気が付きある計画を実行。
結局資産は自分では受け取らずプルーデンスへの愛を告白する。


ヒツジのクリップホルダー
ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年02月26日
最終更新 2018年02月26日