FC2ブログ

彼でなくても  ドリー・グレアム

かれでなくても

感想 ☆☆☆+0.5
ヒーローに愛を求められないことを知りつつも求めてしまう自分に悩むヒロインと
ヒロインの期待に応えられずに迷うヒーローとのラブコメっぽいけどちょっとホロッと
させられる面白いお話でした。
ヒロインに増々ハッピーエンドって何?と悩ませる存在になる脇役たち次々に登場
して話がどんどんとっちらかって行きそうと思いきや以外にもそれぞもちゃんと話を
盛り上げるいいポジションで作者の力量にちょっと感動。

ブレイズなのでなにかと煩悩に振り回されがちなストーリーなんですがこの話の場合
嫌じゃなかったなー。
主役たちの気持ちが乱高下しまくるので読んでるこっちが降りまわされ気味になる
ので人を選ぶタイプの話ですが電子書籍化されていないのがちょっと不思議だなーと
思うくらいには面白かったです。

あらすじ
サブリナは両親のように永遠に愛し合う相手を求め25歳までバージンを守っていた。
ところが兄の結婚が決まりなんとなく自分はが家族の荷物のような感覚を味わっていた。
思い切って奔放な情事の相手を探そうかと思っていた時兄の共同経営者ノアがデートに誘ってくれ
サブリナの心はときめくがノアは愛の存在を否定する男でがっかりする。
しかもノアは美女への紹介と引き換えにデートしたのだとサブリナは知ってしまった。
ノアは強い罪悪感を感じ謝りに行き兄に警告されていたにも関わらずどうしても気持ちが抑えられず
二人は熱烈に結ばれた。

ところがサブリナはノアとは永続的な関係を結べないと思い情事の愛を探しにリゾート地に向かってしまう。
呆然とするノアは慌てて後を追いサブリナに言い寄る男たちを追い払っていく。
サブリナはノアは口で愛を否定しながらも自分のことを思ってくれているかもと期待し熱い夜を過ごすが
ノアはやはり愛だけは口にしてくれなかった。
サブリナは落胆し期待に少しも応えられない自分自身に落ち込むノア。

サブリナは一人兄の結婚式の準備に帰るがそこで両親が離婚協議中な事を知り衝撃を受ける。
愛の存在を否定したノアの言葉が証明されてしまったサブリナはノアとの関係も絶ち切ろうとしていた。
サブリナを酷く苦しめた自分に落胆したノアは周りの助言もありサブリナがまた愛を信じてくれるようにと
計画を立てる。
自分の書店の常連の老婆が運命の人と再会する感動的な場面を目にしたサブリナ。
計画したのがノアだと知り感動。
ノアが自分を愛している事を知りサブリナも彼に愛を誓った。


ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年04月02日
最終更新 2018年04月02日