FC2ブログ

ハイランドの聖夜の願い  デボラ・マクギリヴレイ



感想 ☆☆☆
重すぎる重責を背負ったヒロインが紆余曲折の末その重荷を肩代わりしてくれる人と
出会い幸せになる話。
なんだけどその相手は(理由はちゃんとあるけど)夫を殺した相手だったという切なさよ。
ヒロインが不幸過ぎてもっとさっさと楽にしてあげてーと叫びだしたくなる話だったなー。
政治的陰謀部分が多すぎてもうちょとヒーローとヒロインの子供たちとのほのぼのエピソードとか
ヒロインがほっと息つけるような幸せエピソードが欲しかったなぁ。
なのでボリュームの割に読むのに時間がかかってしまった。
クリスマスの話はやや強引でも「いい話だなー」的にして欲しいという個人的願望がありますんで。

ヒロインが超絶イケメンのおっさん(30代後半)でヒロインにぞっこんとかはとても気に入ったかも。
ただヒロインが絶望に慣れすぎていて頑固でちょいと疲れたな。

シリーズものなんだけど今は無き武田ランダムハウスジャパンの本なので全三冊しか翻訳されてない。
ヒロインたちの血筋が相手の心に入りこめる能力を持つというシリーズらしいのですがこの作品は
その部分が薄めとなっています。

はいらんどのせいやのねがい

あらすじ
ノエルは王から与えられた領地に向かおうとしていたが戦いで受けた古傷が元で雪の中意識を失ってしまう。

スキーナはあまりに乏しい物資と人手のなか城と領民を守る重責に疲弊していた。
スキーなの子供たちがノエルを発見、スキーナは精一杯看病し彼の命を救う。
ノエルはすぐにスキーナに恋している事を悟る。
スキーナもあまりに美しいノエルに惹かれるが王から罰も同然に自分の領地がノエルに与えられたという
現実にうちのめされる。
戦いに疲れ果てていたノエルはスキーナや子供たちと家庭を持つことこそ自分の望みとスキーナを説得。
スキーなの中に流れる血がノエルと心を通わせる助けにもなった。
何一つ願いなど叶わないと思っていたスキーナの心を時間をかけて溶かし結婚を承諾させた。

しかしスキーナの異母姉や領地を狙うものたちの手によってスキーナは死んだはずの夫が生きている
と混乱しはじめる。
ノエルは戦いで自分の手によってスキーナの夫が死んだことを告白。
愛してなかった夫とはいえスキーナは過剰に反応してしまった。

危うかった二人の絆は強く結ばれたはずだったが更に策略がめぐらされスキーナのと子供たちが
危険にさらされノエルはいの血をかけても救い出す決心をする。

関連作
・ハイランドの霧の魔法
・ハイランドの魔法の夜


ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年06月22日
最終更新 2018年06月22日