FC2ブログ

じゃじゃ馬と公爵  ジャッキー・マニング



感想 ☆☆☆☆
ヒロインが困難から救われる話かと思いきやヒーローが家族の愛憎劇からヒロインの助けで抜け出る
というほうが色濃い話でした。
ヒロインは筋のとおったしっかり者なんとかして自分で運命切り開けると思えていいんですが
いかんせんヒーローが悪い意味でぼっちゃんまるだしタイプで減点ポイント。

「みんな僕を裏切る、僕傷ついたもん、自分を守るために心閉ざすもん」みたいのを公爵という立場も
利用して素でやっちゃうお子様タイプ。
妊婦にたいして決して言ってはならぬ一言を放つかなりのお馬鹿さん。
そんな男をコロッと許すヒロインの度量の大きさ自体がこの本の読みどころなのかも。

ここ最近ネットでの評価が割と高い本を読むと個人的にはあまり合わないという事が続いたけど
これは大丈夫でした。
うん、なかなかよかったですよ。

nicole-king-699150-unsplash.jpg

あらすじ
男爵令嬢アリシアはその美貌があだとなりウェクストン公爵未亡人に陥れられ社交界を去り
馬の調教で身を立てていた。
ところが現ウェクストン公爵ダルトンから銃撃されトラウマから立ち直れない愛馬の調教を依頼される。
一度は断ったものの父の脅迫めいた言葉でアリシアは渋々仕事を引き受ける。

アリシアとダルトンは距離を置こうとするものの馬という共通項から次第に惹かれあうようになっていく。
ダルトンは不貞行為を働いた過去があるウェクストン公爵未亡人を嫌悪し彼女が勧める結婚から逃れるた
めもあってアリシアに結婚を申し込む。
母親への面当てにされたと知りつつもアリシアは結婚を承諾した。

ウェクストン領で謎の銃撃事件が起こる。
その解決に奔走するダルトンだったがそれはウェクストン公爵未亡人と家族の秘密を暴露することになってしまう。
アリシアは真実を知ってもダルトンとウェクストン公爵未亡人を家族として絆を取り戻させたかった。
アリシアは子供を身ごもり増々愛が深まるかと思っていた矢先親友とキスするアリシアをこっそり目撃し遁走。
ダルトンはアリシアを拒絶、アリシアは仕方なく実家へ引き篭もる。
そんなダルトンを説得したのは傷つけあってしまった母親・ウェクストン公爵未亡人だった。

じゃじゃ馬と公爵

実際読んだのはこっちの表紙の
ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年09月25日
最終更新 2018年09月25日