FC2ブログ

悪魔に魅せられて  テリー・ブリズビン

あくまにみせられて

「春色の花嫁」収録の短編

感想 ☆☆☆ 
どこが春色やねん。
真っ暗やないかい。
と関西人をイライラさせる似非関西弁がでるくらい「春色の花嫁」っぽくない話でした。
春先に結婚したからこの短編集に収録したのかもしれんけど。

さすがテリー・ブリズビン。
ヒロインを過酷すぎる状況で生きるためにもがきまくらせる。
そしてヒーローは不器用という名の手前勝手さを見せつけ最後にちょろっと改心ぽいこと言うとか
もうね、テリーワールド全開でしたよ。

勧善懲悪的ストーリー希望なのでヒーローはヒロインのクズ父をどーにかして欲しかったわ。
そしたら☆4かもなー。

あらすじ
ジョアンナは邪悪な魔法を使うという噂の領主プレイデンとの結婚を拒絶。
そのせいで父から壮絶な暴力をうけ結婚を無理強いされ逃走したが病に倒れオリック卿の城に匿われた。
そこで偶然立ち寄ったブレイデンに連れ去られそうになるがオリック卿の妻の機転で協会に引き篭もる。

オリック卿に諭されたブレイデンはジョアンナが自分を理解してくれるようにしようとするが素の自分を
見せることになれていないブレイデンは余計にジョアンナを怯えさせてしまう。
時間をかけ上手くいきかけていた矢先プレイデンの身を心配し教会を出たジョアンナを捕まえて信頼を全て失ってしまう。
抜けがらのようになってしまったジョアンナを見てはじめてブレイデンは自分の身勝手さを悟った。


<関連作>
・生きかえった花嫁
・女伯爵の名誉
・王の愛人
・結ばれた真実
雪の契り


ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年10月19日
最終更新 2018年10月19日