FC2ブログ

謎めいた夜は公爵と探偵を  ケリー・ボウエン



感想 ☆☆☆☆☆
文句なしで一気読みしちゃった面白さ。
私的今年NO.1です。
ゴシップをもみ消す仕事をしているヒロインという個性的な設定、サスペンスとロマンスの程よいバランス
テンポの良いストーリー展開、次作を期待させる脇役たち、読後感の良いラスト。
歴史に忠実でないものはNGな方にはおススメしませんが私はそういうのはあまり気にしないので満点で酢。

始めは有能ヒロインの足を引っ張り気味なヒーローの頑固さにイラッとする場面があったものの
それが次第にクセになっちゃうというか増々ヒロインの献身や恋への迷いが引き立って
すごく引き込まれました。
ヒロインの生い立ちがまた独特でミステリアスな感じなのがまたいい感じにストーリーを複雑で面白くしています。

次作ではたぶんヒロインの会社に就職したヒーローも含めて暗躍してくれそうだし今回脇役で出ていた
兄と妹が順に主役らしいのですっごく楽しみです。
ベルベット文庫さんなにとぞ翻訳よろしくお願いいたします。

初見の作家さんだと思ったら違いました。
この本と同じ作家さんのようです。
翻訳した会社が違うもので作家名の表記がちょっとだけ違うのです。
かなり行動葉のヒロインを書く作家さんのようですね。

nicola-nuttall-724721-unsplash.jpg

あらすじ
アイボリーは貴族社会のあらゆる醜聞をもみ消す「チェガーレ&アソシエーツ」で仕事をしている。
今回はハーコート公爵の妹レディ・ベアトリスのベッドでデバリー伯爵の全裸緊縛死体が発見されたため
ベアトリスの叔母からそのもみ消し作業の依頼を受けた。
問題が深刻なのはベアトリスが行方不明でありこと、航海で何年も帰宅していなかったハーコート公爵
マックスが突然戻り問題を更に深刻にしそうな事だった。

アイボリーはベアトリス無傷で社交界に戻すため怒り心頭のマックスを説得し事件をデバリー伯爵の
死を収束に向かわせベアトリス捜索に取り掛かるがマックスが彼女の心を騒がせ邪魔をする。
マックスもミステリアスなアイボリーに強く惹かれずにいられなかった。

ベアトリスの捜索を続けるうち次第にマックスは妹や家族を顧みず貴族社会に違和感を感じ逃げていた
自分を知ることになり苦悩する。
マックスとアイボリーの互いへの想いは募るが請け負い人と依頼者、更には身分の差や過去がのしかかり
愛を口にすることはできなかった。
アイボリーは仲間たちの協力もありベアトリスが危険な人物に監禁されていることを突き止めた。
救い出すために封印していた過去の自分と引き換えにベアトリスを救うアイボリー。
アイボリーを追いつめてしまったマックスは救出に向かう。

全てが解決したがアイボリーはマックスが再び航海に出でしまうと告げられショックを受けるが…。


ふじ・つぼ
Posted by ふじ・つぼ
投稿 2018年12月08日
最終更新 2018年12月08日